備長炭で焼いた串焼きと芋焼酎が楽しめるお店です


by riey20

カテゴリ:焼酎( 33 )

新焼酎入りました。

8・24

 ママのお気に入りの「紫の静香」a0033374_21394990.jpg入荷しました。
ポリフェノールたっぷりの紫芋を使用。超軟水の霧島山系岩清水の、絹のような柔らかい味わいをお楽しみ下さい!



もうひとつは「前田利右衛門」
a0033374_21443180.jpg
鹿児島に最初にさつまいもを持ち込んだ甘藷王、「前田利右衛門」の名をもらいました。
・無農薬有機栽培・完全たい肥の黄金千貫(有機芋)を使用。
・麹は秋田米の黄麹(清酒麹菌)。
・水は薩摩藩ゆかりの大谷金山より涌き出る黄金水。
・黒瀬杜氏と名人吉行正己氏の手により2年間熟成。
 臭みを抑え、甘味だけを鮮やかに引き出しました。  
[PR]
by riey20 | 2004-08-24 21:43 | 焼酎

飲み比べセット ・ 蘭

8.4

 なんだか最近、毎晩のように 「サッカーの試合」と 台風 が交代にやってきて、
飲食店としては危機的な環境です。
 サッカーの試合がある日や台風の暴風雨の中でも来店してくださるお客様、
本当にありがとうございます。

 先日、飲み会をしてくださった若いお客さんがポツリと言っていました。
 「芋焼酎、おいしいけれど、高すぎるよな~」

 …そうですよね。おいしいけれど、それを楽しむ間もなく、高騰してしまって、
若くて自分のお金で飲む人たちには手の届かない存在になっている。

 香川でもスーパーやディスカウントショップで、鹿児島の人が買えなくなった
ような銘柄が売っていたりすることがあります。
 でも、「はあ?」と思うくらい高いです。
考えてみてください。一升瓶が5000円の酒なんて、今まで買っていたでしょうか?

 我が家では鹿児島から直接仕入れていますから、そんなところで買うよりは
安く仕入れられますが、送料、手数料、箱代などが余分にかかります。
 鹿児島で飲むみたいに、一杯300円とか400円というのは無理ですが、
なるべく安く提供できるようにがんばっています。

 そんな中、好評をいただいているのが、<飲み比べセット>です。

当店お奨めの焼酎を3点選んで1000円で提供しています。
 1000円で3杯飲めて、味の違いが楽しめるので、<飲み比べセット>を
楽しみにしてくれているお客様も増えました。

 例えば <蘭・紫・晴耕雨読> 3杯で1000円。という具合です。
 一杯の量は、ふだんのロックより、10mlくらい少ないですが、かなりお得です。

 続々、新しい焼酎が入っているので、毎回、違う組み合わせを楽しめると思います。
 芋焼酎初心者も、ヘビーユーザーも楽しめること請け合いです。a0033374_8162956.jpg
[PR]
by riey20 | 2004-08-05 08:20 | 焼酎

薩摩茶屋 西海の薫

 8・1

 芋焼酎研究所さんのサイト 
http://www.sol.dti.ne.jp/%7Eshimada/syotyu_index.htm
をのぞいたら、トップページで、うちのHPへの
リンクを紹介してくれていました。ありがとうございます!

でも、所長さんの日記をのぞいたら、毎日、すごくいいお店でお食事されている
ようで、いやはや、うらやましい限りです。

うちもね、「白天宝山」「喜六」、もうすぐ入荷予定ですよ~。

今夜はお店がお休み。
「薩摩茶屋」と「西海の薫」をいただきました。
「薩摩茶屋」は、あの「村尾」の兄弟酒。麹がタイ米だという話ですが、
天才杜氏が造った焼酎、よく考えれば、これも相当な完成度だなあ、と
感心した次第です。

 私って、最初のころに飲んだ焼酎が

「魔王」「佐藤 黒」「伊佐美」「村尾」「なかむら」「萬膳」 なんですよね。
すごいですよね。あのころはまだブームじゃなかった。
まだ香川ではあまり芋焼酎は知られていなくて、知り合いのお客さんに
「これがおいしいんじゃ、これは幻じゃ」と無理やり飲ませて、怪しまれていた。

今じゃ、手に入りません。「萬膳」「なかむら」。

それから、今年のお正月に入荷して、「芋焼酎を楽しむ会」で飲んでしまった
「杜氏潤平」、今じゃ、プレミアム焼酎を売るサイトでは¥16800なんてことになってしまっています。
http://www.rakuten.co.jp/sakeichiba/

あ、でもこんなところで買っちゃダメですよ。a0033374_22183436.jpg
[PR]
by riey20 | 2004-08-01 22:20 | 焼酎

愛子

7月31日
 台風で、朝から警報がずっと出ている。
 それでも来てくださったお客様、ありがとうございます。

 世界遺産の島、屋久島から芋焼酎「愛子」a0033374_2320275.gifが届きました。
 屋久島にある 愛子岳は、五穀豊穣 無病息災等を祈る岳参りの山で、
古くから山岳信仰の山として崇められています。その愛子岳の名前をつけた
「愛子」。  愛子様誕生で一躍有名になりました。
 あの「三岳」の蔵元の焼酎です。
[PR]
by riey20 | 2004-07-31 23:22 | 焼酎

万暦240 初留取り

 <富乃宝山>で有名な西酒造の限定品。

蒸留機から最初に垂れてくる出ハナを240秒間取ったもので、アルコールの強さを感じさせない柔らかい味わいです。(45度もあるのですが!)

 冷凍庫に入れてキンキンに冷やしましたが、凍りません! アルコールが45度
もあるのです。グラスに注ぐ液体はトロ~リとし、口の中では何とも言えない味わいが広がります。

 もうあんまり残っていないの。ゴメンね。後は予約の彼の分だけ。a0033374_2158890.jpg
[PR]
by riey20 | 2004-07-28 21:59 | 焼酎

村尾

a0033374_02138.jpg7/19  伊蔵様出動X7
 いやあ~、伊蔵様の注文が入ると、嬉しいような、悲しいような…。
なにしろ、入手するのがたいへんですから。

 今日のお客様は、芋焼酎大好きな方々ばかりで、楽しい祭日となりました。
芋焼酎好きなお客様ばかりだと、オヤジが妙にはりきります。
ウンチクたれたくて、うずうずするのです。 うっとおしいでしょう? ゴメンナサイ。

 伊蔵さまに比べて、特約店さまと仲良くなれたために、わりと入手しやすく
なった「村尾」。うちの自慢の逸品です。
 日々、「焼酎の研究」と言い訳して、天使の分け前をピンハネしているオヤジ
が、「実は一番好きな焼酎」と告白したのが、この「村尾」。
 なんというか、雑味がなく、しっかりと芋の風味を残しながら、飲みやすい。
 理想の芋焼酎ですね。プレミアついているから、他の安い焼酎しか
普段飲まないけれど、やっぱり、本当に好きなのは「村尾」だったのね。
[PR]
by riey20 | 2004-07-20 00:23 | 焼酎

「蘭」「いもいも」

a0033374_54349.jpg7/16
焼酎には個性がそれぞれあって、同じ味のものがありません。
そこが芋焼酎の魅力なんですが、常連のお客様の中には、「お気に入り」
を見つけた人もいます。

 必ず「海」を飲む人、「櫻井」さんのだけ飲む人、「克」のファンも多いです。
「宝山」、「綾紫」と、西酒造がお気に入りの方もいます。

 今日来たお客様は いも麹の100%いも焼酎「蘭」を飲んで、「芋の生の
味わいがある」と感激していました。すごいです。そこまで味がわかるなんて。

「蘭」より、さらに、芋の味わいが感じられるのが「いもいも」です。
 いも麹で無濾過。 生のいものツルの味まで感じられるほどなんです。
これは希少品で、定価でも、ちょっと高めの焼酎ですが、芋焼酎ツウを
目指す方なら、ぜひ、お試し下さい。
[PR]
by riey20 | 2004-07-17 05:45 | 焼酎

a0033374_8215.gif7/14

暑いですねえ~。 連日35度ですよ。
 朝起きてからずっと、クーラーつけていますから、来月の電気代の請求が
心配です。仕込み中もガンガン冷やしています。

 でも、営業中の厨房は地獄です。なにしろ、備長炭が燃えているのです。
クーラーなんてききません。どんなに気合いれても、暑さでボ~っとしています。
 これで痩せればいいんですがね…。火の前で仁王立ちのオヤジの顔は
怖いです。ああ、修羅の夏。

 連夜、備長炭と命がけの戦いを続けているオヤジにとって、唯一の楽しみが
もちろん、芋焼酎。
 入手困難なレアものを手に入れたときの親父の喜びようったら、ありません。

 あ~んなのも、こ~んなのも、入っています。
 まあ、ぼちぼち、ご紹介いたします。
 
 夕べ飲んだのは「月の中」と「克」
 芋臭さより、飲みやすさ、焼酎の旨さが広がる焼酎です。

 「克」は、魔王の生みの親で知られる杜氏・前村貞夫の作。
 白麹仕込みの1年古酒で、割水には超軟水である大重谷の原水を
 使っています。
 まだ「魔王」ほど広がっていないけれど、旨さは「魔王以上」とは、オヤジの弁。
[PR]
by riey20 | 2004-07-15 08:03 | 焼酎
a0033374_223148.jpg 
 7/10  伊蔵様出動

 新しい焼酎が入っています。

 西海の薫  (さいかいのかおり)
 日本三大砂丘のひとつ、吹上浜のすぐそばで造られる焼酎。
 のどごしがよく、ほどよい甘さが特徴です。

 轟の露 (とどろきのつゆ)
 ロックで呑む時ののど元を流れるコクのある味は、この焼酎
 ならではの味わい。 ちょっと辛口で通の方へ。

 紫 (ゆかり)
 ポリフェノールたっぷりの種子島の紫芋を使用し、白麹で
 かめ壷仕込された本格焼酎。
 天然深層地下水「甲山水」を仕込水に使用した贅沢な一本です
[PR]
by riey20 | 2004-07-11 22:33 | 焼酎

山せみ

a0033374_222255.jpg  7/6 伊蔵様出動

 芋焼酎で有名になってしまっているらしいうちの店ですが、
 米・麦もそろっていますよ。

  【山翡翠】   尾鈴山蒸留所
 黒木本店の新蒸留所、尾鈴山蒸留所ではじめて造られた焼酎。
 山深い森の中の蒸留所でできたこの焼酎は地元米ヒノヒカリを原料とし、
 自社培養による独自の酵母菌を用い、徹底した手作りの仕込みと伝統の
 常圧蒸留に徹し、カメにて貯蔵・熟成させて仕上げ、さわやかな香りと
 まろやかな味わいを醸し出しています。

 黒木本店の焼酎は、昔から取引のあった酒屋にしかおろさないのか
 一般にはなかなか入手できなくなっているみたいですが、
 案外、身近なところに、特約店があったりしますよ。
[PR]
by riey20 | 2004-07-11 22:24 | 焼酎