備長炭で焼いた串焼きと芋焼酎が楽しめるお店です


by riey20

a0033374_8215.gif7/14

暑いですねえ~。 連日35度ですよ。
 朝起きてからずっと、クーラーつけていますから、来月の電気代の請求が
心配です。仕込み中もガンガン冷やしています。

 でも、営業中の厨房は地獄です。なにしろ、備長炭が燃えているのです。
クーラーなんてききません。どんなに気合いれても、暑さでボ~っとしています。
 これで痩せればいいんですがね…。火の前で仁王立ちのオヤジの顔は
怖いです。ああ、修羅の夏。

 連夜、備長炭と命がけの戦いを続けているオヤジにとって、唯一の楽しみが
もちろん、芋焼酎。
 入手困難なレアものを手に入れたときの親父の喜びようったら、ありません。

 あ~んなのも、こ~んなのも、入っています。
 まあ、ぼちぼち、ご紹介いたします。
 
 夕べ飲んだのは「月の中」と「克」
 芋臭さより、飲みやすさ、焼酎の旨さが広がる焼酎です。

 「克」は、魔王の生みの親で知られる杜氏・前村貞夫の作。
 白麹仕込みの1年古酒で、割水には超軟水である大重谷の原水を
 使っています。
 まだ「魔王」ほど広がっていないけれど、旨さは「魔王以上」とは、オヤジの弁。
[PR]
by riey20 | 2004-07-15 08:03 | 焼酎