備長炭で焼いた串焼きと芋焼酎が楽しめるお店です


by riey20

お酒の扱いについて


a0033374_757218.jpg

 酒・焼酎の好きな人には、こだわりの強い人もいます。
 特に酒、「熱燗で」「ぬる燗で」「常温で」
 ここで困るのが、「常温で」。

日本酒の中には、「冷蔵保存」厳守の銘柄があります。

酒の店頭保存はもちろん、発送のときも冷温輸送を守ってくれる店でないと酒をおろさない、という蔵元さんもあるのです。

そういうものは、蔵元さんが、こだわって、こだわって、繊細な味を作り出した銘酒、というわけです。
 
当店で扱っている酒の中にはそういうものが多いです。

 先日、「常温で」とおっしゃるお客さんがいたので、
「この酒は冷蔵保存を指定されているんですよ」と言いました。
「蔵元さんがそうこだわっているのです」

驚かれていました。

私も本当は、あまりよけいなことは言いたくないのですけれど、
酒にはこういう気遣いも必要な銘柄があるのです。

その点、焼酎は、常温で、開封した後も劣化が少ないという点で、飲食店にはありがたい飲み物です。
[PR]
by riey20 | 2005-02-28 07:57 | お酒